「祈り」について

※写真はイエローストーンで出会った鹿の親子

今日は満月です。1つの周期が終わりまた新たな始まりとなります。

さて、満月の今朝受け取ったメッセージがあります。

そのまま受け取った内容を書記します。

 

 

「祈る」ならば、ひとりの時間に祈りなさい

 

目の前に何らかの存在が居る時に祈るのはやめなさい

 

 

目の前に何らかの存在が居る時は

 

話しなさい・行動しなさい・手を差し出しなさい...

 

その時にあなたが出来る事を一生懸命行なうのです

 

 

目の前に何らかの存在が居る時に

 

何もせず、ただ祈っているだけであれば

 

それは「祈り」ではありません

 

 

「祈り」ということを都合よく捉え

 

「祈る」という行為へとただ逃げているだけでしょう

 

 

目の前に居る存在に対して祈るのであれば

 

声に出すのです...

 

触れるのです...

 

 

「祈る」ならひとりの時に静かに祈りなさい

 

目の前に何らかの存在が居る時に優先させるのは何らかの行動です

 

 

皆さん自身が本質に出会う旅への、何らかの道しるべとなれば

幸いです。

 

All My Relations,

YUKO