こちらに在住する日本人

※写真は収穫仕立ての日本キュウリ(かなり小さいですが、、、)

数少ない日本人メンバーがここ最近お一人増えました。

ご主人がアメリカ人の学生さんで奥さんが日本人です。

どうやら8月後半に引越しをし、こちらにいらしたそうですが、

日本人とは全く出会うことなく昨日に至るそうです。

初対面とは言え、話が尽きないのは海外に在住する日本人の特徴かもしれません。

 

私の住む街では日本人は多分14人程だと思います。

(ここから1時間ほど離れた隣街でも同じぐらいの人数でしょうか、、、)

ちなみに日本人大学生(大学院生)は私たちを含めて4人です。

 

やはり生活が海外となると日本に居た頃のように何でも自由に手に入るなんて難しい。

特にここは田舎なので。

しかし、、、、私たちは「だから我慢しよう」なんて言いません(笑)。

例えば、味噌は車で往復6時間ドライブしないと手に入りません。おまけに高い!

であれば、、、、作るか!という感じです。

味噌も、豆腐も、最近は納豆にもチャレンジし始める方も、

日本の繊細なキュウリの栽培、シソ(←ナイショです)、、、

そしてぬか漬け、ヨーグルト漬け 等、、、

その後、お互いにシェアし合います。

 

隣の奥さんは3歳の息子さんが大好きだからと言い、

アンパンマンやバイキンマンの洋服も作ってしまいました。

日本から新米が届いたからと言えば、少しずつでも皆に配る方、

日本に帰るから必要な物は??と皆必ず声を掛け合ったり。

こちらのスィーツは甘すぎるので手作り、パンも日本製に近いものを作ります。

 

自分たちの手作りですから、見た目は今ひとつの物もあれば逆に、

「販売出来るよ」という上出来な物と様々です。

勿論、初チャレンジの物は失敗をする場合もあります。

しかし、何もせずに「我慢」ではなく、「作ってしまうか!」が私たちの共通点かもしれません。

 

不自由とは、自由に作り出せる(創り出せる)自由を意味するのではないでしょうか。

 

All My Relations,

YUKO