もともと完全完璧

さて今日は皆、

「完全完璧」という事について。

 

どの人も皆、完全で完璧です。

しかし、自分自身で得意・不得意、短所・長所 etc...

を創造しているだけなのです。

 

もう少し詳しく言うと、

出来ない、ダメダメな自分をあえて演じているという感じです。

自分自身が選択し、そして演じている。

しかし、その選択した役に自らが苦しめられている。

 

では、何故そのような事をするのでしょうか??

私なりにネイティブビジョンで感じてみた内容が下記です。

 

ダメダメな自分、いつも誰かにヘルプされている自分、、、

それはきっと誰かにそのヘルプをさせてあげたいため

あえてダメダメな自分を創造しているという事です。

 

ヘルプされる方は勿論される事において感じる様々な気付きがあるでしょうけれども、

個人的に感じるのはヘルプする方こそ大きな気付きは勿論、

そこには喜びが「大」なのです!

 

更に最近感じる事は、ダメダメな自分を創造する事が出来るって「強い!」という事。

出来る・才能のある自分自身を創造するよりも強い!と感じるのは私だけでしょうか??

 

さて、人それぞれが選択した役にそろそろ飽きてきたら

やはり何者にでもなれる(何役にでもなれる)の選択でしょうか...

 

All My Relations,

YUKO