スピリチュアルとは

春休みも明日で終了です。とは言え1ヶ月半後には今学期の授業も終了し夏休みに入ります。

今年の夏休みは大学のサマープログラム(授業)を取ることを昨日決めました。

予定外の予定となります。。。(笑)。

 

今日はスピリチュアルとは?について。

スピリチュアル的分野で人助けをしたい、

それって???について書いてみます。

 

スピリチュアルとは(精神的な)(霊的な)という意味です。

さて、心身ともに人生を楽しむために充分健康である、

それに定義付けをするならば皆さんはどのように考えますか?

 

私は「肉体的」「社会的」「心理的」そして「霊的」の4つにあると思います。

そしてこの4つの中で土台(中心核)があるとするならば、

「霊的」(スピリチュアル的)だと思います。

 

では、心理的〜と霊的〜はどこが違うのか?

心理的〜とは大脳の表面部分(新しく進化して出来た部分)大脳新皮質に関わる、

例えば物事を判断、分析、理解する能力という感じです。

理性とか知性という表現にしておきます。

 

では、霊的〜(スピリチュアル的〜)とは。

①やる気、勇気、元気、などの生きるための「気力」のようなものがある

②喜怒哀楽などの感情のバランスが整っていて、穏やかである

③愛情、感謝、信頼感、感動、、、などを感じられる

④自分も他人も存在するすべてを肯定し大切(かけがえのない)存在であることがわかる

という感じです。(他にも色々とありますが、、、)

これは大脳の中、あまり使わなくなったからと奥に押し込められてしまった部分、

大脳辺縁系に関わりがあります。本能とでも言えば良いでしょうか。

 

話をもとに戻します。

スピリチュアルな分野で人助けをしたい、その分野に関わりたい、であれば、

上記に上げた①〜④に関する「何か」をすれば良いのではないでしょうか?

目に見えないものに繋がる、例えば、チャネリング、カードリーディング、

過去生リーディング 等がすべてではないという事です。

 

例えば①やる気、勇気、元気などの分野でスピリチュアル的に関わるならば

何か一生懸命に取り組む姿から人々にそれらを伝えることが可能ですよね。

日本で話題のフィギュアスケート羽生選手の演技からこれらの「気」を感じた人は

少なくないと思います。

また③であれば家族の一員として日々感じることも多いのではないでしょうか?

母から娘へ3年間「嫌がらせ弁当(キャラ弁)」を作り続けた話題ご存知ですよね?

大きな愛情を感じ、感動しました。

 

皆、実際のところスピリチュアル的分野に携わっているのです。

意識しているか、気付いているかどうかに過ぎないのです。

後からそう言われれば、、、と気付くことも多々ありますし、、、。

ですから是非幅広く捉えて下さい。

スピリチュアルとは「こうだ」と決め付け、且つ自分自身の役割に制限を設け、

そこに当てはまる、マッチする自分になるなんて苦しいものです。

是非大きく大きく捉えてみて下さい。

個性の数だけ役割の数が存在するのではないでしょうか。

 

All My Relations,

YUKO