チャレンジ

「かっこいい!」と感じた2人の男性について。

先週の土曜日、友人の2人目のお子さんのバースディに招待をされ出掛けてきました。(友人は日本人ですがご主人はアメリカ人です)友人が手作りのお料理を準備してくれ、公園の一角でバースディは約20名ぐらいの人々が集まる中、行われました。

車から降りその場所に近づきながら一緒に招待された友人が言いました。「あれKちゃんのお父さん英語でコミュニケーションしてる!」と。

日本から友人のご両親もこの日のためににいらしていたのですが、どうやら以前こちらにいらした時はコミュニケーションに相当苦労されたということを聞いてはいました。しかし、それは勿論仕方がないことです。友人の子供達もご主人もご主人の家族もご親戚も皆英語ですからきっと大変だったことでしょう。

さて、ではなぜ友人のお父さんは今回、周りの方々と英語でコミュニケーションが出来ているのでしょうか?

なんと、お父さんはお孫さんたちや友人のご主人、ご家族とコミュニケーションをとるために、現在フイリピンに3ヶ月間の語学留学中とのことなのです。

「もうしばらく仕事を続けなければならないから、また仕事に復帰するけれどもね。」と、日に焼けて真っ黒になったお父さんが笑顔で話して下さいました。海も綺麗な場所なのでこの際と思いスキューバーダイビングのライセンスも取得したそうです。友人のお父さんは60歳半ばです。素敵だと思いませんか?

そしてもう1人。

以前も私のプログに登場しましたが私のアドバイザー、言語学の教授です(彼は6〜7ヶ国語を流暢に使いこなし26ヶ国語を勉強した人です)

さてその教授、現在3週間の予定でアイルランドに出発されました。目的はアイルランド語のイマージョンプログラムに参加するためです。(イマージョンとはその言語に浸りきって習得することです。ですから日々習得する目的の言語以外は使えない状態で生活をするわけです)

ちなみに彼は間もなく60歳!来年の今頃は日本を3週間案内することを約束したので、その日に向け現在は漢字を毎日20字ずつ暗記をしています。

どちらもかっこいい!と思いませんか?

「チャレンジ」とは生きている間ずっと続くもの!ですね!!

All My Relations,

YUKO