北風と太陽

米国時間の今日7/4は独立記念日です。

様々な合衆国旗グッズがモールなので販売されています。そして何と言っても花火です。今夜は様々な場所で花火が打ち上げられ更に華やかな夜になることと思います。また今回の記念日は先日の同性婚合憲により更に盛り上がることは間違いないと思います。

さて、話は全く変わりますがイソップ物語の1つ「北風と太陽」について(この話はほぼ大半の方々がご存知のことと思います)。

つい最近知ったのですが、これにはもう1つ別の内容があります。私たちが良く知っているのは旅人のコートをめぐる北風と太陽の力比べです。もう1つとは、旅人の帽子です。この帽子をめぐっての力比べは太陽が燦々と降り注げば降り注ぐほど旅人は帽子をしっかりと被り、また北風は帽子を見事に吹き飛ばしてしまったそうです。帽子は旅人のコートの前にどうやら行われたらしいのですが。

なぜこの帽子の力比べはあまり知られていないのでしょう?太陽を勝たせたかったのでしょうか??

この物語で最後に言われていることと言うのは、「北風のように無理やりではうまくいかない」というような感じですが、、、

しかし個人的には無理やりも必要だと思っています。例えば大学のエッセイなどの課題はまさしく無理やりに近いようなもの。読みたくもないものを沢山読まされ、そして書かされます。しかしこの無理やりからのスタートがここ最近は楽しくなってきているのが不思議なものです。

チャレンジとはキツイものだと捉えがちです。ですからこの北風のような「無理やり」も必要なものではないでしょうか。

All My Relations,

YUKO