後悔

昨日のクラスでの事。

ランチも終わり午前中のクラスの疲れからついついウトウトしていました。

そこで不意打ちをくらったように「YUKO、どう思う?」と教授からの質問!

「??????」と黙り込んでしまいました。

 

というわけで「後悔」について。

昨日のような出来事があると改めて感じます。

例えば今回は「寝ていて質問がわかりません」とか、

「もう1度言って下さい」とか「今、目が覚めました(笑)」とか、、、

何でも言っておけば良かったという「後悔」です。

 

人間は皆、後悔をしながら日々の生活を送っていると思います。

自分自身の事を踏まえながらになりますが、

後悔をする時というのは、やらなかった、言わなかった時に多いものです。

「行動をしなかったことへの後悔」が多いということです。

 

やってしまった事に対しては

「あの時、このようにすれば良かったのだろうか??」

と数々の次なる手段が想像出来ます。

しかし、やらなかった事に対する次なる手段は「次はやろう」のみです。

これはかなり悔しいものです。

 

というわけで、、、、

人は皆、後悔したくて生きているわけではありません。

ですから、「後悔の残るような人生を送らない」ということではなく、

同じ後悔ならどのような後悔にするか?という事が大切なのではないでしょうか?

 

私はやらぬ後悔よりもやる後悔を望み日々を過ごしたいと思っています。

 

All My Relations,

YUKO