徳を積む

今朝は今年1番の寒さです。

吐く息は白く、屋根にはうっすらと霜が降りている模様です。

今日の日の出は7時52分!日も随分と短くなったものです。

 

さて、今日は「徳を積む」とは??について。

 

私達は良くも悪くも損得を計算する癖があります。

時間帯効果、コストパフォーマンスをついつい考えてしまいます。

これは損か得かであり「徳」ではありません。

 

「徳を積む」、積んでいるつもりだけれどもどこかで見返りを求めている、

それは徳を積んでいることにはなりません。

「徳を積むために行なう」これも実は徳を積めば何か助けてもらえるという

プラスマイナス感情が働き「徳」ではなくなります。

 

シンプルに言うなら「徳だ!」と感じた瞬間「徳」ではなくなっています。

 

得なのか損なのか?見返りは?利益は?知名度は??

そして学びや?気付きは???しなければ、、、、 etc...

これらを計算することなく、ただ行なったこと

それが知らず知らず積もっていくことが「徳積み」です。

 

脳計算ではどうやらプラス(見返り)は何もなさそう、

プラスどころかマイナスかもしれないと感じる、

得とか損とかにも意識が向かない、

でも何だか気になるんだよねという事をやるか、やらないか、、、

 

そこで個人的にはこんなネーミングを付けています↓

徳積みとは、『「何かのために」を一切「無」とした行動』

 

私にとって、最近のお気に入り行動です。

 

All My Relations,

YUKO