「意志」を尊重する

「意志を尊重する」、かっこいいことばですよね。お互いの意志を尊重する、、、一体どのようなことを意味するのでしょうか?

例えばドラマにあるこんなシーン、「大学を辞めて働きたい。今はとにかく働いてお金を貯め、そしてまずはボランティア活動に参加したい。大学の勉強よりも経験から学びたいんだ。」等と言う息子に対し、「大学は卒業して欲しいと願っていたけれども、あなたの意志を尊重することにするから。」と母、、、。

また「意志」とは?を辞書で調べるとこのように書いてあります。

自分の気持ちにおいて物事を成し遂げようとする積極的なこころざし、目的や計画を選択しそれを実現しようとする精神の働き etc...です。

要するに対象者が「どのようなこころざしなのか?」「何を成し遂げようとしているのか?」「積極的に進めたいものとは何なのか?」等が明確でなければ尊重は出来ないと思うのです。つまり明確にわかったからこそ言えることばだと思います。

上記のドラマの例、もし自分自身の息子が「大学を辞めたい、理由はない、嫌だから。」と言ってきたならば、母親として「わかった、あなたの意志を尊重するから。」とは言いませんよね。私なら「もう少しわかるように話しを聞かせて。」から始めると思います。

意志を尊重するとは賛成・反対とか、イエス・ノーということではありません。賛成は出来ないけれども尊重する、不本意だけれども尊重する、、、、と様々です。

「意志を尊重する」と言える相手、そして自分に対してそのように言ってくれる相手、イメージしてみて下さい。

皆さんにとってそれはパートナーですか?両親ですか?兄弟ですか?、、、、友人ですか??

All My Relations,

YUKO