感じているのか、考えているのか、、、

※この写真から何を感じますか???

「感じて下さい」「そのままを感じて下さい」

なんて良く口にし、耳にもします。

しかし、自分自身「感じているつもり」でもそれは「考えていること」かもしれません。

そして考えれば考えるほど行動が出来なくなってしまったり、、、。

自分は本当はどうしたいのか?

本質の自分ってどんななのかがわからなくなってしまいます。

「感じること」を無意識にスルーして即「考えること」にいってしまう方も少なくありません。

ですからなるべく簡単に「感じる」を例えてみたいと思います。

 

①とても美しい海の中の写真を見ました。

「泳ぎたい!」

「怖い...」

「行きたい」

これらが感じたことです。

 

「1人じゃ行けない」

「今更水着になんて、、、まずはダイエット?」

「お金は?時間は?行けるわけない、、、」

これらが考えたことです。

 

②「あなたも英語が短期間でペラペラになる」という広告を目にしました

「やってみたい」

「嘘でしょ!?」

「興味なし」

これらが感じたことです。

 

「きっと多額なんだろうな」

「もともとの基礎がきっと必要なんでしょ」

「今じゃなくても、、、」

これらが考えたことです

 

③友人と食事中、その友人の話を聞きながら、、、

「モヤモヤとしてきた」

「羨ましい」

「帰りたい」

これらが感じたことです。

 

「自分のこと自慢したいのね」

「やはり私も経験しなきゃ。」

「言ってはいけないよね、、、」

これらが考えたことです。

 

まっこんな感じです。

さて、ついつい「感じていること」をスルーしていませんか?

 

自分自身を知るとは自分の「考え方」を知るのではありません。

「感じ方」が鍵です。

 

ものスゴイ速さで通り越してしまいそうな自身の「感じ方」、それがあなた自身です。

まずはそこから始めていきましょう。

 

All My Relations,

YUKO