感謝と不満

「日々、感謝の気持ちを忘れず有難うの気持ちを忘れずに、、、」

と意識しながら生きている方々が増えています。

では、その真逆にある「不満」について。

 

「感謝」「有難う」の気持ちを持つためには「不満」という感情は

持ってはいけないと思っていませんか??

 

昨日も「嫌い」という感情について書きましたが

「嫌い」も「不満」も自然な感情達です。

ですから良い、悪いはありません。

 

「不満」という感情が無くなればもっと「感謝」の気持ちが大きくなる?

「何かがなくなれば、何かが手に入る(大きくなる)」

そろそろこのような考えから卒業する時ではないでしょうか。

 

例えば「不満はあるけれども今、この瞬間は感謝だよね」とこんな感じです。

「不満」という感情を抑えつけたり、見て見ぬ振りをしたり、

無いものとしたいと感じながら「感謝」という感情を意識するよりも、

 

「不満」はあっても「感謝」する気持ちを持つことは

充分に可能であるという事に気が付くことです。

 

きっと今以上にナチュラルな感謝の気持ちが溢れ出すことと思います。

 

All My Relations,

YUKO