祈り

「祈り」に対する観点について。

 

ブログより何度となく似たようなことを書いていますが、

「祈り」とは大いなる存在(ユニバース、神、皆さんそれぞれが感じる存在、、、)

とのコミュニケーション、いわゆる会話です。

 

以前、私もホームページより、満月の日や新月の日などに「祈りを捧げます」

等いう告知をしていましたが最近は全く出来なくなりました。

いえ、する必要がなくなったと感じています。

 

繰り返しますが、祈りとは会話、コミュニケーションです。

 

例えば、大切な存在(パートナー、友人)に対して

言いたくても言えない事があったとしましょう。

それを誰か(第三者)が代わりとなり、

対象者に伝えた(伝えてあげた)とします。

それを聞いた対象者からすれば

「なぜ本人が言ってくれないのかな?」

と疑問になるものではないでしょうか?

 

私が「祈る」というのはあくまでも私と大いなる存在との会話なわけです。

その場にて「⚪︎⚪︎さんの⚫︎⚫︎という思いを伝えます」

と言ったところで感じられるもの(何らかの反応)はありません。

そのような事を繰り返しながら感じました。

「自分自身の事は自分自身で祈る(会話)をして下さい」

という事です。

 

皆さんの祈り(会話)を代わりに私がしたところで

それは大きなお世話になることと思います。

皆さんそれぞれが可能である「祈る」という行為を奪いたくありません。

 

私が大いなる存在との会話(祈り)において行うことは私の会話でしかありません。

 

合わせて、その会話(コミュニケーション)を事前に「何時、行います」という

告知すら必要がないと感じています。

 

私が大いなる存在との祈り(会話)の中で行えることがあるとするならば

それは、

「何時でも自由に、楽に、皆それぞれが直接会話を行うことを「願っています」

というような祈り(会話)となるのみです。

 

All My Relations,

YUKO