肯定 

※写真は大学の敷地内に存在する小高い丘の上です

こちらは週末からの雨続きで寒さが一段と増しました。

突然寒くなるんです。

大学では昨日までは半袖の人も結構いたのですが、

今日はさすがにコートや厚手のジャケットを着用している人々が断然多いように感じました。

 

さて、今朝友人との英会話&日本語会話で感じたことがあるのでシェアします。

 

ルールという事ではないのですが、どうやら英語ではなるべく否定形を

避けるような傾向があるそうです。

例えば、I don't like him  → I dislike him

意味は同じです。don't をdislikeにしたまでです。

音の響き、ほんのビミョウなニュアンスを感じてみて下さい。

どうでしょう??

 

私なりに感じた事はついつい口に出てしまう言葉って何となく否定形が多いかも?

という事です(日本の文化的背景もあるのか)。

万が一の気遣いのようなものなのかもしれませんけれども。

 

例えば、、、

ダメな日時はありますか? 嫌いな食べ物(食べられない物)はありますか?

避けたい事は?

都合のよい日時はいつですか? 好きな食べ物(食べたい物)って何ですか? 

望んでいる事は?

 

なんだかこちらの方が気持ちが良いと思いませんか??

 

今日から更に発する言葉、耳にする言葉に意識を向けてみたいと思います。

新たな発見があるかもしれません。

 

思考は言葉に影響し、言葉は行動にしますから...

 

All My Relations,

YUKO