背中を押す

昨夜のスウェットロッジより、、、

 

肉眼では見ることの出来ない様々な存在たちが私たちを見守っています。

それらの存在をスピリットと呼びます。

 

スピリットはいつも背中を押してくれています。

背中を押してくれているのです。

 

スピリットは私たちの先に立ち、

人生という名の旅の道案内をしてくれているわけではありません。

導く、誘導しているわけではありません。

 

背中を押すのみです。

ですから押された方向に向かうのかどうかは私たち次第です。

 

押されても押されても動かぬ人

押されても押されても気付かぬふりをする人

押されても押されても後ずさりする人、、、、

 

しかし、スピリットは背中を押し続けています。

 

スピリットからの誘導、導きを待つのではありません。

 

 

昨日のブログを読んで下さった方々より祈りのメッセージを既に頂いています。

祈りを是非声に出しましょう、そしてその声を文字にして下さい。

その祈りを宣言しましょう。

 

日本時間の27日朝に今年最後のスウェットロッジに参加しますので

前日までに祈りをメールにて送って下さい。

 

明日はスウェットロッジでの気付きをもう1つ書かせて頂きます。

 

All My Relations,

YUKO