自己価値、自己評価、運が良い、、、

まずは評価と価値について。

この2つについては全く同じものとして捉えている方が多いようです。

しかし、違うのではないか??と感じることが多々あるので

なるべくシンプルに主人を例にあげて書いてみます。

 

主人に質問しました。「自己価値は高い?」

自身の存在を自らが愛し、信頼しているという値を「価値」、

自分が存在するという事を「良し」としているかどうか?

これは間違いなく「高い」と思います。

 

しかし、自己評価は、、、、多分「低め」です。

私が主人を眺めた時、主人に対する私の評価は「高い」と思いますけど、

主人が自分自身に出した評価は、

私のものと比べると「低め」です。

 

自己価値が「高い」けれども自己評価は「低め」であるという事がわかります。

そして自分の感じる自分に対する評価と、

他人が自分を評価する値は一致しないということです。

 

他人の評価とは、その人の観点からのものであるので、

これは不一致であっても当然だと思います。

良くも悪くもありません。

 

では自己価値と自己評価、主人を例になぜ違いがあるのか??

改めて、自分自身は出来る、可能なんだ=為せば成る、、、と言うことを知っている、

これが価値です(自己信頼とも言えます)。

 

例えば英検1級、、、12年前ぐらいに合格しているにもかかわらず、

現在はTOEIC満点を目指しているので、

900点では評価が高いとは言えないという感じです。

しかし、自己価値が高いので「いずれ達成する、可能だ」という事を知っているのでしょう。

 

自己価値が高く「いずれ達成する、可能だ」と思っているのであれば達成するはずです。

これを「運」と捉えます

 

自己評価が「低め」である。

「いずれ達成する、可能だ」と知っている、

知っていても日々コツコツ取り組む人、

これが「謙虚」というものではないかと思います。

 

ですから「運が良い」という方とは、

自己価値が高く、謙虚である人を指すというのが私の捉えた定義です。

 

しかしお忘れなく!

自己価値が高ければ「運」はまわってくると思います。

しかし、「謙虚」に取り組む人が「運を手にする」という事です。

 
 
All My Relations,
YUKO