謙虚さ

※もうすぐ新月です(9/24)

写真は最近我が家に届いたお気に入りのCeltic water goddessのタペストリーです

英会話と日本語会話をお互いに交換し合っている友人がいます。

彼は日本に行ったことがありません。

しかし、「自分の魂の故郷は日本だ」と言います。

そして日本の文化や習慣にとても興味があります。

彼が最も気に入っている日本の良さは、

「我ではなく、まずは相手を気遣う、そんな気配りと謙虚さ」だそうです。

ここアメリカに住み、私も友人同様にその事は感じています。

 

さて、今日は「謙虚さ」について。

さて、「謙虚」とはどのような事を言うのでしょう。

それは正直で素直な事という意味に似ていると思います。

 

「わからないので、もう1度言ってもらえますか?」

「教えてもらってもいいですか??」

 

そんな事が自然に言える人は「謙虚な人」だと思います。

私がこの「謙虚さ」を深く深く知ったのはここアメリカに住み始めてからです。

 

まだ英語を学習中なので、

「もう少しゆっくり話してもらえますか?」

「ガソリンの入れ方がわからないので教えてもらえますか?」

「タクシーがつかまらないので呼んでもらえませんか?」

 

ヒッチハイクをした時などは

「困っています。乗せてもらえませんか??」etc...

 

数え切れないほどのこれらの行動から

私は「謙虚」って事を身をもって感じました。

 

知ったかぶりをせずに

ありのまま、そのままを口に出す事。

勇気も必要です、しなやかな強さも必要です。

 

現在も尚、大学での授業では

「今日の授業、何を話してたん?」

と言い続ける日々です。

 

でも誰かが必ず教えてくれます。

それは本当に有り難いことです。

 

All My Relations,

YUKO