頑固

「頑固な人」ということばを聞いてイメージする人物は父です。

父の「頑固さ」には昔は勘弁して欲しいと思いましたが今は見方が変わりました。

父は決して頑固ではないということに気が付いたからです。

 

私のイメージする「頑固」とは、自分自身の経験がすべてであり、

その経験以外のことはやらない、聞く耳がない人です。

しかし父は決してそうではありませんでした。

ジーンズをプレゼントすればこの年だけれども履いてみようかとチャレンジします。

日本に戻った時にちょっと珍しい料理を作っても食べてみようかとチャレンジします。

人混みが苦手なくせに、オープンしたばかりのお店に対し偵察せずにはいられません。

運転が好きで雑誌などを見てはその場所に行かずにはいられません。

 

父は「自分の信念」が強かったのですね。

「やると決めたらやる!」誰が止めようとも。

それを家族の間では「頑固」と言っていたのです。

 

私も良く「頑固」だと両親からは言われていました。父とよく似ています。

私も父も共通して「自分の信念」が強い者同士だったのだというわけです(笑)。

 

そのような観点から外界を眺めると、

今まで「頑固だ」と思っていた人が皆チャレンジ精神旺盛な「信念の強い人」に

見えてきました。

信念の強い人とは自身の信念をしっかり持ち、挑戦し続ける人。

ですから人の話もチャレンジする際には大切な1部として聞き入れ、

「やってみようか」と行動する人なのでしょう。

 

頑固とは話を聞かない、取り入れない。

信念がある人は話を聞いて、取り入れる。って感じでしょうか。

 

All My Relations,

YUKO